2006年03月12日

ファンタスティック・フォー

「ファンタスティック・フォー」を観ました。原作はアメコミですね。最近のCG技術は。漫画チックな効果が実写に違和感なく溶け込んでいてすごいなぁと驚きます。もうなんでもありです。
宇宙で実験をしていた科学者達5人が、宇宙嵐というものを浴びて、特殊能力が身につきます。この科学者達の一人が悪者となり、残り4人で悪者をやっつけるというストーリーです。
特に凝ったところのない普通のストーリーで、なんか最後の悪者と戦うシーンが物足りない気がしました。とにかくCG特撮を観たい人にはいいかも。
主演のジェシカ・アルバはかわいいです。途中、メガネをかけてるシーンがあるんですが最高にかわいいです。
監督のティム・ストーリーは「TAXI NY」の人です。


posted by mu at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。