2006年01月25日

模倣犯

やっと宮部みゆき「模倣犯(上)」を読了しました。上巻は、女性連続殺人事件の被害者の遺族と第一発見者、捜査を担当する警察、事件を追うルポライタ達の視点から事件が展開される第1部、今度は逆に犯人とその家族、被害者側から事件が展開します。登場人物の心情や行動が細かに書かれていてリアルで怖いです。特に犯人側。同じ物語の展開を、被害者と警察側、犯人側からの二つの面から部構成で分けて物語が進んでいくのも面白いです。普通、平行に交互で進むことも多いかと思うんですが。
さて、下巻は、犯人逮捕という風になるんでしょうが、どう展開されるかとても楽しみです。
でも、ちょっと細かすぎて疲れるかなぁという部分はあります。
今は、文庫本1〜5巻も売っています。

posted by mu at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。