2006年08月06日

サウンド・オブ・サンダー

「サウンド・オブ・サンダー」を観ました。舞台は未来。タイムラベルが可能になるが、過去(古代の恐竜の時代)の何かを持って帰って来てしまった為(過去の歴史を変えてしまった為)、生態系が歪んで、未来の世界も変わってしまうというお話。原作はSF小説の巨匠レイ・ブラッドベリという方だそうです。この人が書いた「霧笛」が、一昨日書いたハリーハウゼンの作品「原始怪獣現わる」の原作だそうです。
そして、未来のデザインが「ブレードランナー」や「エイリアン2」のシド・ミード。監督は、「エンド・オブ・デイズ」のピーター・ハイアムズ。

何よりもCGがちゃちぃです。なんか一昔前のCG映画を見ているようで白けてしまいました。CGと実写の合成も綺麗に仕上がってなくて、合成丸わかりです。話の内容も生態系が歪んで、それが未来にも進化の影響が出るというのは面白いんですが、その進化が恐竜と猿(ヒヒ?)を足した感じで捻りが無さすぎです。

ここまでCG特撮の技術が進むと目が肥えてしまって、めちゃめちゃ綺麗じゃないと納得できませんね。
星二つって感じでしょうか。


ハリーハウゼンの作品みたいな
posted by mu at 17:02| 千葉 ☀| Comment(16) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。