2006年03月05日

ウェブ進化論

梅田望夫著「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる」を読みました。
ネットワークの世界”あちら側”と現実の世界”こちら側”と表現し、これからウェブは”あちら側”に力がシフトするんではというお話。その代表企業が”Google”。ネット上に蓄積される”情報”をもとにビジネスする企業が新しい世代として活躍し、ユーザも”あちら側”の世界だけで生活ができるよう(稼げる)になるそうです。もうなっている人もいるかもしれませんね。
この本はとても面白く、刺激的です。Googleという企業やWeb2.0、ロングテール、ブログ、オープンソースというテレビや雑誌に出てくるキーワードを絡ませながら、ウェブの現在、将来について解説くれており、なかなか説得力あります。

私の仕事もIT関連ですが、この本の定義ではおもいっきり”こちら側”。(日本のIT企業は、ほとんど”こちら側”だそうですが。あのMicrosoftでさえも。)人間の生活が”こちら側”にいる限り、”こちら側”が衰退し、消えることはないんでしょうが、この本を信じると”こちら側”だけで生活している人々、”あちら側”(そうは言っても人間だから”こちら側”でも生活しているはず)で生活している人々の差が、大きく開くような。デジタルデバイドという言葉もありまします。

Googleの紹介の件で、「世界中の情報を組織化(オーガナイズ)し、それをあまねく誰からでもアクセスできるようにすること」、「世界政府っていうものが仮にあるとして、そこで開発しなければならないはずのシステムは全部Googleで作ろう・・・」ってありますが、この人たち世界征服を企んでるんだと思います。問題は、彼らが善か悪か(笑)

posted by mu at 18:02| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。