2006年03月26日

オープンウォーター

「オープンウォーター」という映画のDVDを観ました。
ストーリーは、スキューバーダイビングに出かけたカップルが海に置き去りにされ漂流するという話。体力の消耗やサメやクラゲに襲われながらも、二人で励ましあいながら助けを待つんですが、最後は。。。。
だだっ広い海で漂流する様はとても怖かったです。スキューバダイビングは絶対やりたくないと思うくらい背筋が凍りました。映画の時間は約80分くらいで、結構短かったんですが、緊張しっぱなしでした。


posted by mu at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

車の修理

■車の修理
今日、家族で買い物を行って、家の立体駐車場に車を入れようとした時、駐車場のエレベータで車のドアを引っ掛けて、ドアを歪ませてしまいました。お陰でドアが閉まらない。。。修理屋で見てもらうと、ドアの交換と車体のヒンジとか本体に歪みがあれば修理するので最悪25万円くらい。(泣)
ドアを開きっぱなしにしていた自分が100%悪いので、しばらく自己嫌悪に陥って、ブルーな日々が続きそうです。まぁ、修理代は保険屋さんなんですが。

■お好み焼き屋「きじ」
昨日の夜、会社の人とお好み焼き屋「きじ」に行きました。東京駅近くのTOKIA(トキア)というビルにあります。この店は大阪に本店があり、大阪に帰省した時は、妻とよく行ってます。また、職場の人が大阪に出張に行く時、よくこの店を教えます。東京の店は去年末にできたみたいですが、ついこの間まで知りませんでした。ラストオーダー近くと遅めに行ったのですが、それでも20分位並んで待ちました。(何故か並んでいる人たちは、関西人ぽかった。)
味はというと、やっぱり大阪のお好み焼き屋。最高!! 私はここの甘辛目のソースが大好きです。お好み焼きもフワフワな感じです。頼んだのは、モダン焼きとミックス焼き。
お店の人も優しく、お客が帰る際には長く並ばせた事を態々謝っていました。勿論、大阪弁で。
定期的に通おうと思います。

お好み焼き屋「きじ」
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルB1
TEL:03-3216-3123
posted by mu at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

博多ラーメン「うま馬」

今日、東京駅の八重洲北口キッチンストリート1階にある博多ラーメン「うま馬」に行きました。
”うまかろうもんセット ”(950円)というラーメンと餃子のセットを食べました。ラーメンのスープは博多ラーメンという割にはあっさりした味でした。こてこての博多ラーメンが好きな人は少し物足りないかもしれませんね。私は、あっさり味も好きなんで、美味しく頂きましたが。チャーシューも美味しかったです。

東京にはここにしかなく、九州に3店舗あるようです。

余談ですが、大阪に「天下一品」というラーメン屋があって、ものすごいコッテリした味のラーメンを出します。最初は好きでよく食べていたのですが、段々重くなってしまい、気が付いたら、あっさり系のラーメンが好きになっていました。

「博多うま馬(うま)」
千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口キッチンストリート1階


posted by mu at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

タイトル変えました

■タイトル変えました
ブログを始めて5ヶ月経ちました。ちょっとここらでタイトルを変えてみました。ブログって、過去の記事を読み返すと、その時に自分の日常を起こったこと、考えてたことを思い出せるのでいいですね。大体、恥ずかしくなるんですがね。でもブログを書くのは楽しいですね。日記を書いたり、自分史を作ったりする人の気持ちが分かります。
折角、IT技術を使っているんだから、もっと面白い事にチャレンジしたいですね。

■散歩
今日は、天気も良く息子と散歩に。1歳になった息子は、最近よちよち歩くので近くの公園で歩かせました。なんにでも興味を示し、石や木、ゴミとかを見つけては拾います。1時間くらい公園にいたんですが、ゆっくり時間が過ぎた感じがして癒されました。
posted by mu at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

浪花少年探偵団

図書館で借りた東野圭吾「浪花少年探偵団」を読みました。東野圭吾と言えば今は「白夜行」や「容疑者Xの献身」ですが、これは1988年の作品でかなり古いです。

話はタイトルから分かるように舞台は大阪。大阪の小学校女性教諭が主人公で、警察と一緒に事件を解決するという話です。シリアスなミステリーではなく、コミカルなユーモアミステリです。テンポ良く話が進んでいくのでサクサク進みます。また、台詞はほとんどコテコテな大阪弁ですので、大阪人の私としては、非常に楽しめました。

大阪弁の台詞というのは、他の地域の人たちは読みやすいもんなんでしょうか。以前、大阪弁でメール書いたら、読みづらいからやめてくれと言われましたが。。



posted by mu at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

もうすぐ春

近所の公園で、桜が咲いていました。散歩すると咲いている木がちらほらと。もうすぐ、本格的な春ですね。早く、満開になった桜を見たいです。

060318.jpg
posted by mu at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

韓国料理「赤坂秀月園」

今日は、仕事で虎ノ門まで行くと、同僚が美味しいクッパのお店を紹介してくれました。
「赤坂秀月園」という韓国料理屋。虎ノ門というか住所は赤坂です。そこでカルビクッパ(1200円)を食べました。ちょっと高いような気がしましたが、ピリ辛で美味しかった。お店は小奇麗でいい感じです。昼前に行ったので空いていましたが、昼休み時間は結構混むそうです。今回は頼みませんでしたが、”焼肉屋のカレー”というメニューがとても気になりました。因みに13時以降コーヒーサービスです。13時は普通昼休みじゃないからサービス受けられない人が多いと思うんですが。。。

「赤坂秀月園」
東京都港区赤坂1丁目4-13
posted by mu at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

ファンタスティック・フォー

「ファンタスティック・フォー」を観ました。原作はアメコミですね。最近のCG技術は。漫画チックな効果が実写に違和感なく溶け込んでいてすごいなぁと驚きます。もうなんでもありです。
宇宙で実験をしていた科学者達5人が、宇宙嵐というものを浴びて、特殊能力が身につきます。この科学者達の一人が悪者となり、残り4人で悪者をやっつけるというストーリーです。
特に凝ったところのない普通のストーリーで、なんか最後の悪者と戦うシーンが物足りない気がしました。とにかくCG特撮を観たい人にはいいかも。
主演のジェシカ・アルバはかわいいです。途中、メガネをかけてるシーンがあるんですが最高にかわいいです。
監督のティム・ストーリーは「TAXI NY」の人です。


posted by mu at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

東北出張

今週5日間中4日は東北出張。実は、東北は初めて。プラス恥ずかしながら私が行った今までの最北は福島県。今回は福島、宮城、山形に行ったので更新しました。残念ながらほとんど観光はできず。
お土産は、宮城の「萩の月」、福島の「ままどおる」。「萩の月」は、有名で定番ですよね。ふんわりカステラとカスタードクリームがマッチしててすごく美味しいです。友人にも出張の話をしたらねだられました。「ままどおる」は初めて聞きました。福島では有名だそうです。「ままどおる」とは、スペイン語で”乳を飲む人々”だそうです。白餡をしっとりした皮で包んであり、優しい甘さで美味しかったです。

060311.jpg



posted by mu at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

ウェブ進化論

梅田望夫著「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる」を読みました。
ネットワークの世界”あちら側”と現実の世界”こちら側”と表現し、これからウェブは”あちら側”に力がシフトするんではというお話。その代表企業が”Google”。ネット上に蓄積される”情報”をもとにビジネスする企業が新しい世代として活躍し、ユーザも”あちら側”の世界だけで生活ができるよう(稼げる)になるそうです。もうなっている人もいるかもしれませんね。
この本はとても面白く、刺激的です。Googleという企業やWeb2.0、ロングテール、ブログ、オープンソースというテレビや雑誌に出てくるキーワードを絡ませながら、ウェブの現在、将来について解説くれており、なかなか説得力あります。

私の仕事もIT関連ですが、この本の定義ではおもいっきり”こちら側”。(日本のIT企業は、ほとんど”こちら側”だそうですが。あのMicrosoftでさえも。)人間の生活が”こちら側”にいる限り、”こちら側”が衰退し、消えることはないんでしょうが、この本を信じると”こちら側”だけで生活している人々、”あちら側”(そうは言っても人間だから”こちら側”でも生活しているはず)で生活している人々の差が、大きく開くような。デジタルデバイドという言葉もありまします。

Googleの紹介の件で、「世界中の情報を組織化(オーガナイズ)し、それをあまねく誰からでもアクセスできるようにすること」、「世界政府っていうものが仮にあるとして、そこで開発しなければならないはずのシステムは全部Googleで作ろう・・・」ってありますが、この人たち世界征服を企んでるんだと思います。問題は、彼らが善か悪か(笑)

posted by mu at 18:02| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

ユカギルマンモス

今日、お台場のフジテレビで展示している”ユカギルマンモス”を家族で見に行きました。”ユカギルマンモス”って、ロシアのユカギル村付近で見つかったマンモスです。牙つきの頭部がそのまま保存された状態(鼻はない)で化石となり見つかったそうで、去年の愛知万博でも展示され、話題になっていました。
ユカギル村は、シベリアの東部にあり(日本の上の方)永久凍土の土地で、地球温暖化の影響を受けて、溶け出した永久凍土の中から発見されたとあり、ちょっと考えさせられるものがあります。

それはさておき、実物のマンモスの化石はすごい。これが何千年も前のものかという位、生々しいです。頭部の肉付きもはっきり分かりますし、一部にはふっさり毛も付いてます。気が付きませんでしたが、睫毛まで付いているそうです。牙も立派で長い。今までは、絵か模型ぐらいでしか見たことがなかったんで、感動です。娘はずっと怖がっていて、ほとんど目を瞑っていたようですが。
展示物も多くなく、会場には15分程度しかいなかったと思います。これで1000円。高いような。でも、愛知万博で長い間も待たされたあげく、歩く歩道形式のエレベーターに流されるよりかは、ゆっくり化石が見れ、お得かもしれませんね。
残念ながら撮影は禁止。模型は撮影可。

060304.jpg

展示は3/12まで。まぁ、またどこかでやるでしょう。
ユカギルマンモス ミュージアム




posted by mu at 23:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。